進化を遂げる包茎治療

安全レベルが格段に向上しています

男性にとっては包茎の悩みというのは非常に深刻なものです。好きな人が出来ても、嫌われてしまうのではないかと消極的になってしまいます。結婚やその後の人生にも大きく影響する悩みの一つなので、治療によってこの悩みを解決したいと思う男性は少なくありません。ところが、包茎治療というのは、痛みを伴い、治療跡が残ってしまうかもしれないという怖さがあります。確かに、以前の治療方法とは、症状によっては余っている部分の皮を切断する方法が一般的でした。そのため治療には痛みを伴い、治療後には皮を切断した部分から感染症を起こしたという症例も実際にありました。ですが、現在は治療方法が進化し、以前とは比べ物にならないほど、安全のレベルは格段に向上しています。患者の希望や症状に応えるために、治療方法が選べるようになり、安心して治療を受けることが出来る時代になってきました。

メスを入れない治療方法が増えてきました

包茎治療を受けるときに、一番の心配は治療時の痛みではないでしょうか。余っている皮を切断するしかない場合、どれほどの痛みがあるのか、なかなか想像しにくいことでしょう。声を上げてしまうくらい痛いのではないかと不安になるはずです。ところが、現在は治療方法が進化して、症状によってはメスを入れなくてもよい治療方法がいくつか確立されています。例えば、特殊な医療用ナイロン糸を用いて、包皮を陰茎の根元部分にまとめて縫合する治療方法があります。比較的軽度の症状の場合は、メスを一切使用せず、この方法が用いられることが多いです。この縫合治療のメリットは、およそ10分程度で治療が完了する手軽さと、治療したその日にシャワーを浴びることが出来ることなどが挙げられます。他にも亀頭を増大する術式など、メスを入れない包茎治療の方法が増えていて、以前と比べて症状によって治療方法を選択できるようになりました。

真性包茎は恥ずかしいものではありません。医療保険が適用されますので泌尿器科の病院で手術でき、入院もしなくてすみます。