美容液のぶろぐ日記

ページの先頭へ
トップページ > 10代の時期、チョコレートやスナック菓子を多く食べ

10代の時期、チョコレートやスナック菓子を多く食べ

10代の時期、チョコレートやスナック菓子を多く食べると翌日にはニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)になっていました。ご飯がこのように関係するんだ、と認識したものです。それ以降、年齢をかさねるといっしょに、食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)にも注意するようになり、チョコやおやつなどは口にしないようにしています。そのおかげかニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)も完全に現れなくなりました。
肌が乾燥タイプなので、しっとりと潤った肌造りのために化粧水には拘りがあります。

とろみのついた化粧水を使用してスキンケアをしているので、洗顔の後、化粧水だけつければ過ごせるというほど潤って、すさまじく気に入っています。化粧水はあまりケチらずたっぷりと肌につけるのが秘訣だと思っています。


つい最近の話ですが、スキンケア中にちょっとしたことを考えつきました。



肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。
年々深まる目の周りのじわやほうれい線がどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、少し前から炭酸パックを初めてみて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。
何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。


大手のエステのコースの中には、シミやソバカスを薄くしたり、なくすというフェイシャルコースを設けているお店があります。
シミを隠せるという化粧品を使ってもどうやってもシミなどが目立ってしまい、隠すためについ頑張りすぎてファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうといったことになってしまいがちです。
そのような悩みの解決にエステが役たち、コンシーラーいらずのお肌に変わる楽しみが生まれるでしょう。
普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。

刺激が多いと肌が薄くなります。刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、表皮の下にある真皮に影響が出てきます。
すなわち、お肌のリフティング性能が落ちるのでたるみができてシワに発展するので、一応のプロセスは踏んでいるものの、本人からしてみると「いきなり老けた」気がするのです。洗顔料が顔に残った状態だと、肌荒れになることもあるので、じっくりとすすぎを行いましょう。


洗顔をちゃんとした後には、使用するのは化粧水や乳液など、保湿を丁寧に行ってちょうだい。
肌を乾燥指せないためには保湿をしないと、シワを造りやすくなります。

保湿をきちんと行なえば、自分の顔にシワを造りたくない人のための、効果的な予防・改善となっています。


どうしてニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)ができるのかという理由のひとつに、乾燥もふくまれます。
ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)は余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と不思議に思う人も多いかも知れません。

持ちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつなのは事実ですが、だからといって油脂を落としすぎると、そのせいで肌が乾燥し、それがもとでニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)ができてしまうのです。

顔にシミができてくると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。
加齢に伴って、皮膚の治癒力が衰え、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

基本的な日焼け止めや帽子で紫外線をカットし、また、たくさんビタミンCを含む緑黄色野菜やフルーツといったものを、今までよりももっと摂っていきましょう。ほうれい線をなくすには、美顔器を利用したスキンケアを実践するのがいいでしょう。たった2本しかないほうれい線ですが、一度できたほうれい線をスキンケア系の化粧品で目立たなくしたり消してしまうことは簡単ではありません。なので、美顔器を利用して日頃からスキンケアをして、肌の深部まで美容成分を浸透指せることを推奨します。自分は敏感肌なんだからといって、敏感肌用のケア商品を使用すれば良いという訳でもありません。

肌状態は人それぞれ異なりますので、敏感肌の状態になっている時には、必ず使用する以前にテストを行ってみてちょうだい。それと、肌の水分を損なわないためにも正しい方法で洗顔をすることが重要となってきます。
Copyright (c) 2014 美容液のぶろぐ日記 All rights reserved.