美容液のぶろぐ日記

ページの先頭へ
トップページ > 自分に合った美白化粧品を捜すのは中々大変

自分に合った美白化粧品を捜すのは中々大変

自分に合った美白化粧品を捜すのは中々大変です。シミ対策としては、第一にシミの原因は何かをよく知っておいてちょーだい。


どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければシミを増やす結果になりかねません。

医師(名医と呼ばれる人からヤブと呼ばれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の診療をうけ、薬やレーザーによる治療も考えられますが、日頃の生活の中で、シミの原因を作っていないかどうか考えることが健康な白い肌への最初の一歩だと肝に銘じてちょーだい。世間ではニキビにヨーグルトはあまり良くはないとされたり、逆に良いとされていますが、その手の情報の真偽というのは定かではありません。
特定の食品に拘るのではなく、日頃から栄養バランスの取れた食生活を努めるようにすれば、ニキビの予防になると感じます。
日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、シミもできにくい肌になります。しっかり潤っているお肌は肌の水分と油分のバランスが整っているので、きめ細かい肌になりました。

しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)によるダメージを減らすことができてメラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。

肌の乾燥には、シミ予防の意味からもケアを怠らないでちょーだい。
健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。
この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。
キメが整っている肌を見ると皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。
でも、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の構造として一番外側に位置する表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。



表皮が荒れたままだと、バリアとしてのはたらきは弱まっていきますので、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷をうけることになるのです。真皮は肌の土台というはたらきがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。
私は花粉症を患っているのですが、スギ花粉の時期になると、肌が敏感になってその肌が荒れてきます。そうしたことで、この時期にメイクをしたら余計に肌トラブルが悪化するので、ナチュラルメイクを行っています。
アイメイクくらいはしたいなと思うのですが、肌が過敏になっている為、目の痒みがさらにひどくなり、やらないようにしているのです。吹き出物が出来るととても気分が滅入ります。ところが、お肌の調子ってお腹の中の調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、意外ときれいになくなってくれます。

とりあえずお腹すっきり快便生活から始めるためにキウイフルーツなどの食物繊維(第六の栄養素と考えられており、有害な物質を体外へと排出してくれます)が多いものを食べて、毒素を体外へ排出していくと、吹き出物も消えてなくなります。お肌のケアのためなら、顔を洗うときには見落としがちな髪の毛との境界線などの部分まで、きっちりとすすぎ終えましょう。
すすぎ終えたら、タオルを使いや指しく押さえるようにして水分を取り除きます。


けっして、強い力でこするのは辞めてちょーだいね。いうまでもなく、きれいなタオルを使うのが、前提となりました。


私の場合、ニキビがひどくなってきた場合には、石鹸を用いてピーリングをおこなうようにしています。ピーリングを初めてやった時は、肌に少しヒリヒリした感覚がありました。
そうして、恐ろしくなって即座に辞めたのですが、お肌が正常な状態になったら、そんなヒリヒリ感は消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。それからは、ニキビができるとピーリングをおこなうようにしています。空気が乾燥しがちな秋冬はもちろん、エアコンの効きすぎた夏もお肌へのダメージは大きいものでしょう。ですけど、毎日おこなうスキンケアは意外に面倒なのです。

その場合に便利なのがオールインワンという商品です。


近頃のオールインワン化粧品は大変出来がよくて、おまけにベタつくこともなく、保湿効果も高くてしっかりと肌で実感できるのが嬉しいです。


シミを綺麗に除去するためのケアも様々ですが、一番効率がいいと感じたのは高濃度プラセンタ配合の美容液を肌に染み込ませることです。肌にすうっと染み込んでいくのがしっかりと感じ取れます。
長い間使っているうちにシミがどんどん消えていくのがわかり、シミが見えなくなるまで使いつづけます。
Copyright (c) 2014 美容液のぶろぐ日記 All rights reserved.