美容液のぶろぐ日記

ページの先頭へ
トップページ > 皮膚にシワができる原因というのは色々あ

皮膚にシワができる原因というのは色々あ

皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、皮膚表面のシワが増えて行く事になります。
たとえば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており皮膚が乾燥すると、その影響をすぐに受けしまい、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。さらに、加齢によって皮膚の張りを保つコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)、ヒアルロン酸といった皮膚の構成成分が足りなくなっていくので、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。四季の変化同様、年齢もごまかしが聞かず、確実にやってくるものだと実感します。



疲れていなくても出てくる目の下のくま、くすみ瞼のゆるみなど本人は早くから気づいていて憂鬱を感じていますのです。
年齢と共に肌は薄くなり季節のダメージを強く受けるようになり、日光はシミやシワに形を変えて残るでしょう。

特に日光が避けられないところである先に挙げたような目元周辺、額、頬骨当りのシミや皺(あるいはつっぱり)などは、アトからでも集中的にケアが必要です。

美白効果を期待して、レモンを輪切りにして顔にのせ、パックとすることが流行になりましたが、かえってシミの原因を増やしてしまうので、もう誰も使っていません。レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。美白やシミ予防の効果をレモンのビタミンCで期待するなら、有効なのは食べることです。
肌荒れなどのトラブルは、いつ起こってしまうか分かりません。日頃、ちゃんとスキンケアをしていても、多様な原因で肌が荒れてしまいます。

では、肌が荒れてきた時のスキンケアは、どうやるのが正しい方法なのでしょう。
肌が荒れた場合には、一切化粧品を使用しないといった人もいますが、保湿に関しては日頃より入念にする必要があるのです。お肌を美しくすることと、歩くことは全く関わりないことのように思われていますが、実際は密接に関係しています。正しい姿勢を保ってウォーキングすると、お肌へ流れる血流がスムーズになるので、代謝が盛んになり美肌になれますし、成人病と言われる高血圧や動脈硬化などを防ぐためにも効き目があります。ニキビが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、爪で中身を押し出してしまいます。
ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのが止められないんです。ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、無理にでも中身を出そうとして、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。


そのニキビの後を見ると、もうニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、白いニキビができるとどうしてもつぶしたくなって、再びつぶしてしまうのです。肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

実例の一つと言われているのが、近年、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。



肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが特徴です。

ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるという点が特徴として知られています。
気づいたらシワができたなんて言っていながら、実はシワには原因があることはご存知なのでは。立とえば乾燥は、ぜったい無視できないところでしょう。



乾燥すると皮膚が薄く弱くなり、皮膚の常在菌のバランスが崩れて皮膚の深いところで潤いが減ってトラブルを起こすからです。


気づかないうちに乾燥することもあるので、潤いが持続するようなケアを、必要な分だけ行なっていく必要があります。

軽いところでは間ちがいトタイプの化粧水で手軽に肌に潤いを与えたり、夏以降のキレイ肌を創るために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの保湿ケアしてあげると良いでしょう。



肌にダメージを与える乾燥。秋冬や季節の変わり目は肌年齢が進みやすいので、注意が必要です。特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などはシワのもとになる細かいヨレが出てきたり、まぶたから目尻のあちこちが小さく切れたりすることもあります。そうなる前にスキンケアを見直した方がいいでしょう。目の周囲には通常のお手入れのほかオイルトリートメントをぜひ試してみて下さい。肌に浸透して肌をふっくら指せるタイプ、肌の上でバリヤーになって水分を保持するタイプがありますから、そのときのコンディションによって使い分けると良いでしょう。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、知ってはいながら、つい手加減なしにメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、クリームとか保湿剤をべたべ立と塗り込みがちです。
クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにメイクと溶け合わせるようにして、指の腹を使って、優しく優しくを心がけるのがよいのだそうです。なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、クルクル丸を描くように、それができたら完璧なのですが、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。
Copyright (c) 2014 美容液のぶろぐ日記 All rights reserved.