恥ずかしくない包茎

包茎は普通の状態である

包茎というと恥ずかしいというイメージを持つ方が多いですが、一部のものを除けば包茎というのはごく普通の状態です。
日本人の多くが仮性包茎であると言われていますが、仮性包茎はいわゆる包茎ではないという考え方が一般的ですし清潔にしていれば病気になることもありません。
日本人に多いというイメージも誤りで、日本人は割礼をしないから多くなるだけで日本人だから多いということではなく宗教の問題と言ったほうが正しいでしょう。
実際に男性の裸の裸像などを見ても、そのほとんどが陰茎は仮性包茎となっています。
ただし、真性包茎やカントン包茎に関しては放置しておくと異臭などの原因だけではなく、病気などの原因にもなりますので治療が必要となるでしょう。

包茎治療の方法とは?

包茎治療の方法ですが、仮性包茎は基本的には治療の必要はないです。
しかし、コンプレックスに感じてしまうなどという場合であれば手術を行って余った包皮を切除すると言うかたちになるでしょう。
もしくは、通常時に常に亀頭を露出させた状態を維持するように器具などを装着し続けると、包皮に剥きグセがつくので改善が可能です。
真性包茎の場合は手術を行って亀頭と包皮の癒着を剥離して、余分な包皮を切除するという形が多いです。
手術以外にも癒着を徐々に剥離させたりクリームを塗って治療することもあります。
カントン包茎に関しても同様で、手術以外に包皮の入り口を拡張していったりする方法があります。
包茎と言っても治療方法は様々なので自分に合った方法を選択することが可能です。